ドラマ『ウチの娘は、彼氏ができない!!』第7話のネタバレと感想!空の出生の秘密が明らかになる!

マンガの制作の段階で、血液型の問題に気が付いた水無瀬空(浜辺美波)。

 

水無瀬碧(菅野美穂)が血液型O型、娘空のがAB型であり、現実にはありえない組み合わせと気が付いて、確認のために空は病院にて血液型を調べます。

結果として、それまでの血液型は正しかったことが証明されてしまいます。

「かーちゃん…誰?」と空が碧に問いかけるところで前回は終了しました。

今話はどんな感じになったのでしょうか?

さっそく振り返ってみましょう!



碧は空との出会いを説明する

作家として歩み出した碧は、行き詰まり少しうつ状態になっていました。

碧は空に、出会いということで語ります。

↓オタク役の浜辺美波もキマッてます!

碧は死のうとして樹海へ行くが、そこで赤ん坊を発見します。

それが空だったのです。

碧は、それで目が覚めたというか、生きて行こう、赤ん坊を育てようと思ったのでした。

その話を空は、入野に話します。

(しかし、この話は碧の作り話でした)

碧と空はぎこちない関係となる

空との出会いがあったからこそ、碧は生きることを考えるようになったのですが、この件以降、仲良しの母子はギクシャクしてしまうようになったのです。

↓仲良しのトモダチ親子にスキマ風が吹き始めていた

碧は編集の橘漱石(川上洋平)に相談します。

また、空は沙織(福原悠)に打ち明けます。

↓沙織と空のふわふわした雰囲気がいい感じ♪

一方、空は碧の引き出しの奥に”へその緒”があることを発見します。

自分が拾われた赤ん坊なら、どうして へその緒が保管されているのか??

空は、なお深い謎があることを感じてしまうのでした。

入野は、碧の小説『アンビリカルコード』の中に、碧が語った空との出会いとそっくりなシーンを見つけます。

空は樹海の話を疑い始めます。

碧は空とのことを説明し始める

碧は、好きな男との忘れられない思い出を語ります。

碧は下北沢の劇場で一ノ瀬風雅(豊川悦司)と出会います。

一ノ瀬の自宅へ押しかけると、一ノ瀬の女の星野鈴(矢田亜希子)が身重で住んでいました。

碧は好きな男の女の鈴に感情移入してしまいます。

鈴は、出産後に亡くなり、碧が赤ん坊を引き取っていたのでした。

碧と空は鈴の墓参りに行きます。

ドラマ『ウチの娘は、彼氏ができない!!』第7話のネタバレと感想!

いや、脚本はちょっとホンワカした感じなのですが、脚本家の北川悦吏子さんの闘病の話が凄い感じです。

苦労を感じさせない、優しさが沁みる感じがするときがありますね。

空のホントの父・母が明らかになりました。

次話では、空の父親のストーリーになる模様です!!