ドラマ『ウチの娘は、彼氏ができない!!』第10話(最終回)のネタバレと感想!空と光はどうなる?!

第9話では、空と光の距離が相当近くなっている感じで、このままイイ感じになってしまうのでは?

そんな予想を持たせる展開でしたね♪

また、碧には一ノ瀬風雅(豊川悦司)とゴンちゃん(沢村一樹)、それに橘漱石(川上洋平)という三人の男性が浮上してきました。

さて、最終回はどうなったのでしょうか?

さっそく振り返ってみましょう!



ドラマ『ウチの娘は、彼氏ができない!!』第10話のネタバレと感想!

水無瀬碧(菅野美穂)は風雅から「やり直さないか?沖縄でいっしょに暮らそう」と誘われます。

↓仲良しの親子に見えちゃう!

 

碧の小説が映画化され、小説家としても再び日の目を見るようになりました。

仕事のためにニューヨークへ移ることが決定した漱石は碧に、いっしょにニューヨークに行かないかと誘います。

突然、降ってわいたモテ期に戸惑う碧。

しかし、空は沖縄にもニューヨークにも「付いて行かない!」と言うのでした。

一卵性母子にも、微妙な距離感が生じていたのでした。

風雅がスズラン商店街で暮らすようになり

ゴンちゃんは風雅と銭湯で出くわします。

碧と幼馴染であり、碧のことを一番よくわかっていると思っているゴンちゃんは風雅と衝突してしまいます。

立青学院大学の経済学部では

同級生である空と入野光(岡田健史)との間には、何ともぎこちない感じが出るようになりました。

しかし、碧と離れるの寂しいと思っている空の気持ちを光は感じていたのです。

ゼミのノートを空に返しに空の家へ行ったとき、空の気持ちを碧に伝えるのでした。

空は渉と別れることになる

渉周一(東啓介)とのデートの中で、空は渉に別れ話を切り出します。

渉は空に「好きな人がほかにできたの?」と聞きます。

空の気持ちが自分に無いのを渉は気づいていたのでした。

空は、光のことが気になっている自分に気づくのでした。

おだやは騒然とする

ドラマの中で重要な場所として何度も登場していた『おだや』ですが、最後に騒動が待っていました。

漱石はニューヨークに行く前に『おだや』よっておでんを食べようとします。

そこへ、風雅も現れて、一触即発の状態になります。

ゴンちゃんは「この街から出ていけ!」と風雅を殴ります。

ゴンちゃんは、空と碧の気持ちを代弁する形となってしまうのでした。

風雅はゴンちゃんに殴られて、かえってほっとしていたのです。

空は風雅について、おだやを出ました。

風雅と空は二人きりで話す

風雅は「ぼくの中で、少しずつ空は育って行きました」と言って、泣き出します。

↓成人した現在の空のようす

「まさか会えるとは思わなかった」とも。

風雅も空のことがとても気になっていたのでした。

そして、空は風雅に碧にはゴンちゃんが一番ふさわしいと言います。

漱石とのは別れ際に

ニューヨークに行けないと碧は漱石に告げますが、漱石のおかげでオワコンでない自分が取り戻せた!と漱石を抱きしめます。

「私を忘れないでくれ!」と懇願します(「私を忘れないでくれ」は碧の小説の中の代表作)。

「千円札を見るたび、思い出す!」と言います(すでに、野口英雄の時代になっていますけど)。

風雅と碧は別れ際に

公園で風雅と碧は話をします。

碧は沖縄には行けない、と告げます。

風雅は「このすずらん町の思い出ができたから生きていけます」と言い残して、沖縄に行くのでした。

 

碧と空がジャンプに投稿した漫画は努力賞になったのでした。

ドラマ『ウチの娘は、彼氏ができない!!』第10話のネタバレと感想まとめ

何だかふわふわした作品でしたが、いいところに収まった感じでした。

毎週の楽しみがなくなって、ちょっと寂しい感じです。

楽しめた作品でした。