ドラマ『天国と地獄』第7話のネタバレと感想!東朔也とは誰なのか?

男女の魂が入れ替わるという、過去にない設定で進んできた『天国と地獄』

森下佳子の巧みな脚本で、視聴者は翻弄されつつ楽しんでいるところですね。

孤立してしまって、たったひとりでどうやって行くのか?と思っていた望月綾子(綾瀬はるか)ですが、ラッキーなことに2人の理解者を得ます。

八巻英雄(溝端淳平)と渡辺陸(柄本佑)の、ちょっと頼りない二人が彩子と日高陽斗(高橋一生)の入れ替わりに気が付きます。

そして、この二人の手助けを得て、少しずつ日高を追い詰めていくのでしょうか?



ドラマ『天国と地獄』第7話のネタバレと感想!

彩子は身元不明の遺体の中から東朔也(あずまさくや)という人物を探り当てます。

日高も川原三雄(北村一輝)も、何とか東朔也の名前にはたどり着くことが出来るのですが、事件とのつながりを探し続けているところでした。

クウシュウゴウとは誰のことなのか?

殺害された被害者の手のひらに必ず描かれるΦ(ファイ)の記号は、数学では『空集合』を意味します。

(犯人の一味なのか?犯人の共犯者なのか?このあたりは、ストーリーが進むのを待つしかないのですが)クウシュウゴウが現れるのを、彩子は歩道橋で待ち伏せます。

しかし、歩道橋に実際に現れたのは日高でした。

日高の父親が登場してくる

彩子のところに、日高の父親が連絡してきます。

会社の社員から、日高が記憶喪失に陥っていると聞いた日高の父親(日高満=木場勝己)が心配して連絡してきたのでした。

↓綾子が入れ替わった日高は記憶喪失ということにしてあるのです。

 

日高の妹の優菜(岸井ゆきの)に伴って、日高の福岡の実家に戻ることになります。

日高の実家に行った彩子は、日高の父 満から思わぬ過去を打ち明けられるのでした。

日高の父親の謎めいた話

彩子は日高の父親から、東朔也は双子の兄だったと知らされるのです。

ラーメンの屋台をやっていた日高の父は、ある時 子供を背負った女性の客を迎えます。

ラーメンを食べる女性の様子をみると、明らかにマズそうな様子をみせます。

日高の父親は「あなたにはタダにするから、来てもらいたい」と告げます。

その日から、女性は毎日のように現れます。

日高の父親はその女性と結婚し、その女性が日高の母親ということですね。

要するに、日高陽斗は前妻の連れ子ということになります。

日高満と再婚するにあたり、日高の母は子供を二人とも連れて行きたいと意思表示をします。

ですが、姑に一人を置いていけと言われて長男は残し、次男だけを連れて日高満と結婚することになります。

これが日高陽斗ということですね(日高陽斗と東朔也は二卵性の双生児ということが分かってきます)。

バブル期に、日高満は躍進をして会社は大きくなり、日高満は社長にのし上がります。

逆に、東家は不振にあえぐことになり、四方(すでに連続殺人犯に殺害されている!)という人物の会社に吸収されてしまうことになります。

朔也からの手紙が来て日高陽斗は逢うことに

東家は東京でやり直すことになったようで、東朔也少年は日高陽斗に手紙を出して、学校の横の歩道橋で逢うことになりました。

↓ちょっと似ている?双子の兄弟という設定です。

その様子を陰から見ていた二人の母親は、東朔也に話しかけることになります。

彩子は、日高陽斗の実家をつぶさに観察しますが、奄美の丸い石もお守りとして置いてありました。

彩子があれこれ画策している間、誰にもまだ発見されていない、新たな犠牲者が見つかったのでした。

ドラマ『天国と地獄』第7話のネタバレと感想のまとめ

東朔也という人物について、第7話では語られることになりました。

東朔也は、膵臓が悪いようで、どうも陸が仕事場で先輩として付き合っている人物のようです。

おぼろげに、人間関係が見えてきていますが、はっきりしたことがわかるのはもう少し先かもしれません。

引き続き、経過を見ていきたいですね♪