ドラマ『天国と地獄』第8話のネタバレと感想!日高と彩子が再度入れ替わる?!

世にも不思議な人間の『中味の入れ替わり』があって、視聴者もこんがらがりながら、それでも目が離せなくなってしまっている『天国と地獄』。

日高陽斗になっている望月綾子(綾瀬はるか)と彩子になっている日高(高橋一生)には、かなり目が慣れてきたころではないかと思います。

二人の動きとは別に、猟奇的な殺人事件がまた起きてしまいます。

犯人はどうやら日高ではないような感じも、日高の様子から見て取れます。

となると、犯人は別にいるのでしょうか??

今話をふりかえってみましょう!

(注 このドラマですが入れ替わりをいちいち書いていると混乱しますので、中味の人間で書いています!)



ドラマ『天国と地獄』第8話のネタバレと感想!

新たに猟奇的な殺人事件が起こり、警察署は対応に追われます。

久米さんという、リストにある久米正彦の息子である久米幸彦が殺害されたのでした。

日高は、東朔也が担ぎ込まれているという病院に向かいます。

しかし、東朔也は病院を抜け出していたのです。

なんと、東朔也は、陸の師匠の湯浅だったのです!

彩子は日高の兄が関与しているのではと考える

彩子は、日高の兄の東朔也が殺人事件に関与しているのではないかと考えます。

捜査一課への返り咲きを狙う河原三雄(北村一輝)も、日高と東朔也との関係について、また彩子の関わりについても推理を進め始めていました。

捜査一課の鑑識係の新田将吾(林泰文)のところに入りびたり、証拠になりそうなものを集め続けるのでした。

陸は仕事の師匠の湯浅に頼み事を託される

一方、彩子の同棲人である渡辺陸(柄本佑)は仕事の師匠である、湯浅和男(迫田孝也)が病気で倒れたため、見捨てるわけにいかず付き添います。

陸に対し、湯浅は一つの頼みごとを持ちかけます。

二人は伴って、日高家がある福岡に行くのでした。

八巻と日高はコ・アース社に立ち寄ると

八巻(溝端淳平)と日高はコ・アース社を訪れます。

すると彩子は、日高から思わぬことを告げられます。

日高はコ・アースの社長を辞任して欲しいと言い出すのです。

「いずれにせよ、その方が得策だ」と日高は言い残して出てゆきました。

彩子は、日高の言う通り「記憶障害が改善するまで」という条件で辞任します。

日高は東が自殺した風に偽装する

日高は、東朔也の靴と上着を偽装して、池に飛び込んで自殺したかに見せかけます。

警察は、すぐに偽装ではないかと判断します。

それより、河原刑事が事件現場付近の防犯カメラの画像と東朔也との画像が一致していると捜査会議で発言します。

その上なんと、事件現場にいた犬の糞から日高陽斗の乳歯が出てきたのです。

(少年の時代に、日高陽斗と東朔也はお互いの抜けた乳歯を交換するシーンが前話であったのですね)

今日では、警察によるDNA捜査が充実していますので、本人確認は簡単にできてしまうのですね。

警察は、日高陽斗と東朔也を緊急配備することになります。

彩子は逃げながら五木に入れ替わりを打ち明ける

彩子はコ・アースの社長秘書の五木樹里(中村ゆり)に告げて、プールサイドを待ち合わせの場所に指定します。

プールサイドにて、彩子は五木に入れ替わりの話を打ち明けます。

五木は、いぶかりながらも、そう考えたらつじつまが合うと言います。

そして、学生時代から日高を知っている五木は「日高君は、あまり酷いことはしないと思う」と言います。

その後、日高は彩子をいつも歩道橋に電話で呼び出し、殺害に使った、奄美大島の石を見せます。

そして、彩子を逮捕すると言い、手錠をかけようとして歩道橋から階段に追い詰め、日高と彩子は歩道橋から転落します。

この夜は、満月の夜でした。

『満月・石・手錠』

これが、最初に入れ替わったときと同じ条件が揃ったことになります。

(これで、元通りに入れ替わることが出来るのでしょうか?)

というところで続く…となりました。

ドラマ『天国と地獄』第8話のネタバレと感想まとめ

日高の生き別れになっている兄が、東朔也であり、陸の仕事の師匠である湯浅和男と同一人物のようです。

そして、歩道橋から転落した、日高と彩子は元通りに入れ替わっているのでしょうか?

彩子は刑事に戻れば、日高を逮捕して、万事めでたしということになるのでしょうか?

次話が楽しみですね♪