ドラマ『知ってるワイフ』第9話のネタバレと感想!元春と澪はどうなるのだろうか?

登場人物の裏話を視聴者だけが知っていて、ハラハラする展開の『知ってるワイフ』。

番組の最初の頃は、恐妻家だった剣崎元春(大倉忠義)ですが、徐々に澪に理解を示すようになります。

澪を変えたのは結局自分だったのだと気が付きますが、やはり少し遅かったのかも?

それにして、元春と紗弥佳との仲が悪くなり心配です。

今回は、どんな話になったのでしょうか?

さっそく振り返ってみましょう!



ドラマ『知ってるワイフ』第9話のネタバレと感想!

職場のマラソン大会で、倒れた人が出た、と聞いててっきり元春のことだと思いこんだ建石澪(広瀬アリス)。

必死になってしまった自分は、結局元春が好きなのだと自分の気持ちに気が付いてしまいます。

「剣崎主任がスキです」と告白してキスしてしまうのですが、元春は澪の気持ちの応えることはしませんでした。

小池は元春と沙也佳の離婚に理解を示す

謎の男 小池良治に、元春は「沙也佳と離婚した」と告げます。

かつて、澪との結婚生活が上手くいかなかったのは自分のせいだと分かっていたにもかかわらず、沙也佳との結婚生活でも同じことを繰り返してしまい、何も変わっていないのだ、と元春は考えます。

ですが、小池は澪とやり直せるから良かったのではないか?と呟きます。

しかし、澪は親友の津山千春(松下洸平)と交際しているので絶対にダメだ!と言います。

(そんなことをしたら、今度は親友も失ってしまうと考えたのですね)

澪が津山に別れ話を切り出す

しかし、事態は想定外の方向に進みます。

澪の方から津山に別れを切り出したのですね。

思い切りが良くて、自分に正直な澪らしい行動と言えるかもしれません。

元春の仲良しの木田尚希(森田甘路)の店で津山は、澪に振られたと泣き出します。

津山は「澪には好きな人がいるようで…」と津山はうなだれるが、元春は澪はそんな女性ではない、とかばうのが精いっぱいだったのですね。

なぎさも澪から別れを知らされる

澪となぎさがジョギング中に、澪は好きになってはいけない人を好きになってしまったと打ち明けます。

渚はその相手が、兄の元春ではないかと聞き返します。

なぎさが気が付いていたのを澪は驚きますが、なぎさは責めるでも応援するでもないが話は聞く、とだけ澪に告げました。

澪と元春の話を津山は聞いてしまって…

元春は澪に、津山とのことを考え直してほしいと頼み込みますが、澪は元春との関係が進展することも期待していないし、マラソン大会でのキスも深い意味はない

↓元春と澪が向き合うシーンが多かったですね♪

澪は元春に「自分は答えを求めているわけではない」と話します。

しかし、そのやりとりを津山が聞いてしまっていたのですね。

津山は元春を殴ってしまう

元春は、妻の沙也佳に家を追い出されて、津山もアパートに身を寄せていました。

元春は津山に「最低のヤツだ」と罵られ、殴られてしまいます。

↓松下洸平さんが、津山千春の役を好演中!

元春は仕方なく、ホテルに泊まることになりました。

津山と元春は会社でも気まずくなる

二人は木田の店でも雰囲気が悪く、木田も元春を殴ってしまいます。

元春は、銀行に移動の希望を出そうとします。

澪は、何度も夢に出てくる不思議な男性が元春だと気が付きます。

そして、夢に出てくる場所が大学と気が付いて大学に足を向けます。

大学で、元春に出会い、元春は「過去には夫婦だったのだ」と、説明しました。

ドラマ『知ってるワイフ』第9話のネタバレと感想まとめ

ちょっぴり不思議な展開をしてきたストーリーも最終コーナーが見えて来た感じ。

澪は過去に元春とは夫婦だったことに気が付くのでしょうか?

そして、波乱な筋書にはどんな週末が待っているのでしょうか?

↓こんなのを見つけましたよ!