ドラマ『知ってるワイフ』第10話のネタバレと感想!元春は銀行を解雇されてしまう!

建石澪(広瀬アリス)も剣崎元春(大倉忠義)の不思議な感じに徐々に気が付きかけてきているところです。

「元春は何か、自分とは過去に関りがある気がするのだが…」

そんな、違和感を感じつつあるところに、ストーリーは次の展開を迎えます。

さっそく振り返ってみましょう!



ドラマ『知ってるワイフ』第10話のネタバレと感想!

元春は、過去を変えて現在に至っていることを澪に話してしまいます。

タイムスリップする前は、元春と澪は夫婦であり、過去に戻って澪と出会わないように人生を変えたのだと澪に説明します。

澪は、バカバカしい話、と取り合いませんでした。

澪は話の筋道を振り返って気が付く

澪は仕事を休み自宅にて、元春の話した内容を考えていました。

元春の話と今までの行動を思い返すと、元春の話と澪の実の母である建石久枝(片平なぎさ)の行動がぴったり合うことに気が付きます。

そして、元春と澪しかしらない高校時代のバスの出来事を知っていたり、どうしても元春の話を信じないわけには行かないことも理解します。

↓澪は元春の話に真実を感じる

結局、元春が過去を変えた話に納得せざるを得ないことに気が付くのです。

澪は終業後の元春を喫茶店に呼び出して、どうして結婚生活が上手くいかなかったのかを元春にたずねます。

元春は、仕事で忙しく、家事や育児を手伝うこと無く、澪に悲しい思いをさせてしまったと謝り、自分は澪にはふさわしくないと言い残して喫茶店を出ます。

元春の話を聞いて諦めきれない澪は

澪は諦めきれず、元春の妹である剣崎なぎさ(川栄李奈)に元春の居場所を聞いて元春を連れ出します。

↓こんなシーンですね

そして、澪と元春はタイムスリップする前の人生で二人で初めて行ったデートの場所である海辺に行くのでした。

始めて行ったデートの浜辺にて

澪は「母が元春さんにはやさしく支えてくれたと言っていました」と元春に語ります。

「元春さんに依存していたのかも知れません」とも言います。

結婚生活がうまく行かなかったのは、元春が一方的に悪かったためではない、と澪は元春に話し、悪いと考えるなら、今の自分のそばにいて欲しいと元春に話します。

西課長から思わぬ情報が伝わってくる

そこへ西徹也(マギー)から電話がかかってきます。

沙也佳の父の紹介で融資した会社が不渡りを出して、どうやら計画倒産していたようなのですね。

損失の額が大きく、宮本和弘支店長(おかやまはじめ)も辞任を迫られるような状況になってしまいました。

どうやら、沙也佳の父親が仕組んでいたことのようでした。

そこへ沙也佳から電話があり、元春は沙也佳に本当の話をします。

沙也佳は、「元春が思うようにしたらいい!」と元春に告げます。

銀行の首脳部からの調査で元春はすべてを正直に話しますが、融資が行われたときには、元春は沙也佳の夫であったため、やはり状況からして元春も共犯と思われないわけには行きません。

世田谷支店のメンバーは剣崎を助けようとする

剣崎元春のために、世田谷支店の面々は署名を求めたり、ネットに書いたり努力をします。

支店長は、結局出向扱いになりますが、剣崎元春は解雇されてしまいます。

公園で小池が待っていた

小池は「これが過去にいける最後のチャンスだ」と元春に平成22年の500円玉を見せます。

↓小池の言動はは真に迫っていた!

しかし、元春はこれを断ります。

その後、元春は行方が分からなくなり、澪や津山は元春を探します。

元春は澪と初めてデートした浜辺にいたのでした。

「俺がみんなを不幸にしている」と探しに来た澪に元春は言います。

ですが、澪は「絶対離れない!」と元春にしがみつきます。

元春は、公園に行って謎の男 小池から平成22年の500円玉を受けとります。

元春は、過去に戻ってどうするのでしょうか?

ドラマ『知ってるワイフ』第10話のネタバレと感想まとめ

ここのところ、ちょっとドジでトロい役どころが多かった広瀬アリスさんですが、ピッタリの役どころでいい感じ♪

奥の深い、優しさが伝わってくる感じですね。

さて次回、最終話はどうなるでしょうか?