ドラマ『知ってるワイフ』第8話のネタバレと感想!元春と沙也佳との関係が最悪に!

建石澪(広瀬アリス)への思いを断ち切って沙也佳(瀧本美織)との生活を充実させていこうとする剣崎元春(大倉忠義)

ですが、沙也佳との関係は険悪になっていきます。

ともすれば、澪との関連が浮かび上がってきて、沙也佳との関係がおかしくなっていく…というところが次回までのあらすじでした。

今話はどうなるのでしょうか?

さっそく振り返ってみましょう!



ドラマ『知ってるワイフ』第8話のネタバレと感想!

元春が朝起きても、沙也佳は戻っては来ませんでした。

タイムスリップする前は妻だった澪や 澪の実母につい、かまってしまうばっかりに、沙也佳から誤解を深める元春。

元春も徐々に沙也佳の良くないところに気が付いて、少しずつ嫌になっていくのでした。

世田谷支店では津山と澪の交際が発覚して…

津山千春(松下洸平)が女子行員に間違ってLINEを送ったのが広まっていました。

噂が口に乗って、ついつい話されてしまい、あおい銀行世田谷支店内では広まってしまいました。

行内では、津山と澪との交際がだれしも知ることになったのです。

沙也佳は思わぬ行動に出る

元春が、外回りの仕事から帰ってくると、銀行には沙也佳からの洋服などが詰められたスーツケースが届いていました。

(要するに、帰ってくるな!ということなのですね)

仕事の後、元春は木田尚希(森田甘路)の店で沙也佳との話を愚痴っぽく話してしまいます。

木田の店に嫁いでいる妹のなぎさ(川栄李奈)は元春に離婚をすすめます。

家を追い出される形になった元春は、やむを得ず津山の部屋に泊まります。

元春は、沙也佳に何度も電話を試みますが、沙也佳は理解を示そうとはしませんでした。

澪は沙也佳に説明を試みようとするが…

澪は元春の状況に責任を感じ、澪のせいで沙也佳の誤解が起きているのなら、説明しに行きたいと申し出ます。

↓澪は元春のことを気遣っていたが…

澪の母が行方不明になり、元春が捜索に協力したことで沙也佳の機嫌が悪くなったのではないかと気を使ったのですね。

ですが元春は、澪のせいではないので、と断ってしまいます。

沙也佳は離婚届を持って待っていた

元春が、自宅に戻ると「鍵は持ってるでしょ?」と沙也佳が元春を導き入れます。

↓かなり危険な状態になっている沙也佳

沙也佳は自分の記入済みの離婚届を持って待っていたのです。

離婚届を持って、元春は津山の部屋へ行き、飲みつぶれます。

銀行のマラソン大会で事件が起きる

朝まで飲んでいた元春は、職場のマラソン大会に出場しますが、途中でスローダウンしてしまいます。

「倒れた人がいる」という情報を得て、澪は元春のことではないかと思って急いで引き返しますが、倒れたのは元春ではありませんでした。

↓元春と澪はどうなるのだろうか?

元春は、途中の木陰で休んでいたのです。

安心した澪は元春にスキだと告白します。

しかし、元春は「俺たちはダメだ!」と突き放しますが、澪は元春にキスをします。

ドラマ『知ってるワイフ』第8話のネタバレと感想のまとめ

澪と離れるために始まった、元春のタイムスリップでした。

しかし、運命の糸は複雑に絡み合い、澪を引き寄せてしまいます。

澪のことを好きになってしまっている、親友の津山との関係はどうなって行くのでしょうか?

目が離せない感じになってきましたね♪