ドラマ『青天を衝け』第22話のネタバレと感想!栄一はパリで万博を視察!

一橋家の家臣として取り立てられ、順調にキャリアアップしていた渋沢栄一(吉沢亮)。

しかし、運命が栄一を見放しませんでした。

徳川慶喜(草彅剛)から命を受けて、パリ万博を視察に行く仕事を命じられるのでした。

(江戸時代も、鎖国とか言いながら、いろいろな国と交流があって意外な感じがします)

そして、栄一は目新しい西洋の文化に触れ、いたく驚くのでした。



ドラマ『青天を衝け』第22話のネタバレと感想!

一部、陸路(鉄道)を使って、55日かかって栄一たちはパリに到着したのです。

パリに到着した栄一ら一行は、パリのグランドホテルに投宿します。

さっそくパリの万国博覧会の会場の視察に向かいます。

そこで栄一らを待っていたのは、蒸気機関やエレベーターなど、当時の最新鋭の技術だったのです。

↓予告動画にその様子がみられます。

その先進さに栄一たちは驚きを新たにします。

そして、日本の展示コーナーに行くと、なおさら驚くことが待っていました。

なんと、日本のブースの横のブースには薩摩の家紋が高々と掲げられていたのです。

薩摩は琉球王朝の名を借りて薩摩の商品を展示していたのです。

幕府の視察団は薩摩に猛然と抗議をしますが、すでに日本は連邦国であり、幕府と薩摩は同格である、という風評が広がっていたのでした。

そしてフランス側のモンブランと薩摩の五代才助(ディーン・フジオカ)は裏で手を組んで、日本について誤情報を流していたのでした。

徳川昭武はナポレオン三世の謁見式に出席した

徳川慶喜は、ナポレオン三世から西洋風の軍服をすでに贈られていました。

↓ホントに送られていたんですね。

慶喜の弟である徳川昭武(板垣李光人)は慶喜の命を受け、日本の代表としてふるまいます。

ナポレオン三世の謁見式に出席するなど、慶喜の名代としての役割を務めたのでした。

※ 名代(みょうだい)…代理人のこと

その時期、日本では、慶喜が幕政の改革を次々と打ち出していたのでした。

ドラマ『青天を衝け』第22話のネタバレと感想まとめ

栄一は、江戸時代から近代国家の文明を垣間見る、最初の日本人となったのでした。

しかし、日本国内は幕府と討幕派がしのぎを削っている状況なのです。

また、イギリスやフランスなどの欧州列強が日本を狙っていました。

(今思えば、日本も危ない時期があったものですね)

次話を楽しみにいたしましょう!