ドラマ『青天を衝け』第17話のネタバレと感想!栄一が京に戻ってくる!

渋沢栄一(吉沢亮)は、一橋家の家臣として武士を集めるべく江戸に戻っておりました。

自身の人脈を頼り、幕府側で奮戦してくれる人材を集めに奔走していました。

しかし、盟友の一人で声をかけた真田範之介(板橋駿谷)らには、無残にも追い払われてしまいました。

恩人 平岡円四郎(堤真一)を失った二人はどうしていくのでしょうか?

さっそく振り返ってみましょう。



ドラマ『青天を衝け』第17話のネタバレと感想!

栄一と渋沢喜作(高良健吾)は恩人の円四郎が、京で暗殺されたことを江戸で知り、ショックを受けます。

↓ありし日の平岡円四郎

しかし、くじけてはいられません!

一橋家の命に沿い、集めた人材を京都に届ける算段をするのでした。

円四郎の悲報を聞いた栄一らは、京を目指して西下を急ぐのでした。

京都では慶喜が奮戦中だった!

同じころ、京では徳川慶喜(草彅剛)が、京都御所に迫る長州の兵隊に対し、自ら指揮を執っていました。

朝廷からの勅命を受けて長州兵の征伐に奔走するのでした。

↓凛々しい感じの徳川慶喜(草彅剛)

京都御所に長州兵が乱入し、禁門の変が起きます。

そこへ、薩摩勢力である西郷吉之助(=隆盛 博多華丸)が薩摩兵を率いて慶喜らの加勢に回ります。

長州勢はほどなく鎮圧されました。

長州は攘夷を諦めざるを得なくなりました。

幕末の人脈と勢力が交錯していた

栄一らが京を目指している最中、岡部の代官である利根(酒向芳)が現れます。

一方、水戸では耕雲斎(津田寛治)と藤田東湖の嫡男 藤田小四郎(藤原季節)が率いる水戸天狗党が、慶喜を頼って京都を目指していたのでした。

水戸出身の慶喜や栄一は、水戸からの勢力を迎え撃たざるを得ない立場に追い込まれるのでした。

↓今話から、長州の藩士として伊藤博文(山崎育三郎)も登場します。

ドラマ『青天を衝け』第17話のネタバレと感想まとめ

風雲急を告げる時代の展開が続きました。

一橋家も円四郎を失うという悲劇がありましたが、立ち止まってはいられません。

薩長勢力や海外からの武力も視野に入れなくてはならなくなりました。

当時、フランスは幕府をうしろだてしようと申し入れるなどもしていたようです。

この後、栄一らがどう動いていくのか?

目が離せない状況になってきています。