ドラマ『レッドアイズ』6話のネタバレと感想!小牧が誘拐されて人質になる!

毎回、ショッキングな出来事で思わず目をそむけたくなる展開さえある『レッドアイズ』。

捜査班の班長である島原由梨(松下奈緒)の夫が犯人にいきなり射殺されてしまうなど、ちょっと常識を疑う展開で驚かされる時もしばしば。

今回は、神奈川県警捜査分析センター(KSBC)のメンバーの一人、小牧要(松下北斗)が誘拐されるという事件が予定されていました。

チームのIT担当の中心人物がさらわれるとなると、どんなことになったのか?

さっそく振り返ってみましょう!



ドラマ『レッドアイズ』6話のネタバレと感想!

伏見響介(亀梨和也)は、謎めいた男である真弓(TAK∴)に拉致されてしまいます。

↓伏見響介と真弓とのファイティングも見どころです!

伏見は、真弓が次々と起こる事件の黒幕で『先生』と呼ばれているのはこの人物ではないかと考えますが、これを真弓はアッサリと否定してしまいます。

湊川由美子(シシド・カフカ)は伏見救出に出動しますが、湊川も簡単に押さえられてしまいます。

しかし、不思議なことに、どこからか命令を受けた真弓は、伏見と湊川を残して立ち去ってしまうのでした。

小牧は大学時代の後輩の悠香に呼び出されるが…

小牧要は、ハッカーという前科を持っているのですが、大学時代の後輩の米野悠香(森田望智)の呼び出しに応じ、怪しげな男たちに誘拐されてしまいます。

↓小牧が悠香に呼び出されるところ。青いコートの男がいることが指摘されてました!

そして、元暴力団員にの瀬沢(古屋隆太)に命じられ、日本で最高レベルのセキュリティーシステムを持つ『みなと貴金属』の倉庫にハッキングせざるをえなくなります。

悠香が人質として取られてしまい、小牧は連中の指示に従わざるを得なくなってしまいます。

悠香は、プログラミング能力が高く、小牧も認める水準にあったのですが、大学2年の時に親が事業に失敗したため、やむなく大学を中退せざるを得なくなった過去があるのです。

小牧は人間不信に陥っていたのですが、悠香のおかげで心を開くことが出来るようになったのでした。

↓小牧のハッカーとしての才能は抜群!

その悠香のために、瀬沢らの命令には逆らえず、みなと貴金属のセキュリティは楽々と解除してしまいます。

瀬沢らの命令はエスカレートする

命令をいとも簡単にクリアした小牧だったのですが、瀬沢らは今度はKSBCのシステムをジャックするよう小牧に命じます。

小牧がセキュリティを解除した『みなと貴金属』に、瀬沢たちは向かいます。

しかし、小牧のワナが仕掛けられており、瀬沢らは捜査一課と伏見らによって取り押さえられます。

確保された瀬沢は『小牧は殺害される』と高笑いします。

じつは、悠香は瀬沢らの共犯だったのです。

しかし、小牧は服役中に伏見と繋がり、やりがいのある警察の仕事に生きがいを見出していると悠香に告げます。

伏見らが突入して、小牧は救出されました。

ドラマ『レッドアイズ』6話のネタバレと感想まとめ

小牧は、悠香の行動がずいぶん変化していることが腑に落ちないと考えます。

(なんからの方法で、マインドコントロールされている?

そこで、高嶋政信の扮する精神科医がクリーズアップされてくるのでしょうか?

先が見えない展開ですが、次回に期待しましょう!