ドラマ『レッドアイズ』第7話のネタバレと感想!伏見が拉致監禁されてしまう!

単にバイオレンスと言うだけではなく、かなりメンタルにヒリヒリさせてくれる『レッドアイズ』。

KSBC(神奈川県警捜査分析センター)のメンバーの一人は必ず拉致されたり、事件に巻き込まれたりしていますね。

白黒が明確でなく、どんな展開でもありうるだけに、緊張感も高まります。

第7話は、どんな内容になったのでしょうか?

さっそくふりかえってみましょう!



ドラマ『レッドアイズ』第7話のネタバレと感想!

KSBCの分析によると、小牧要(松村北斗)が関与した事件の犯人も、他の事件同様に『先生』と呼ばれる人物と関係があることが判明しました。

元大学教授である、山崎辰二郎(木村祐一)は、恐らく『先生』と呼ばれる人物は、伏見(亀梨和也)に何らかの恨みを持つ人物ではないかと指摘をします。

(確かに、伏見の行くところ、『先生』が立ちはだかる印象が否めませんね)

伏見は亡き恋人の美保の墓参りに行った帰りに

伏見がKSBCに加入をした、本当の目的は交際関係にあった美保(小野ゆり子)を殺害した”青いコートの男”を探すことでした。

美保の墓参りに言った伏見のもとに、美保の生前の盗撮動画が送られてきたのです。

そして、動画の送り主から「一人で来い」と呼び出しを受けた伏見は麻酔銃で撃たれ、拉致されてしまいます。

KSBCには、伏見が監禁されているライブ動画が送られてきます。

どうやら、冷凍施設のようなところに監禁されているようだ、ということがわかりました。

島原由梨(松下奈緒)は、伏見がある場所に監禁されていると考えて、該当場所 周辺の施設を調査させますが、数が多くてなかなか絞り込めずに困ります。

伏見を拉致した犯人男女の素性は?

伏見を拉致監禁したのは、やはり伏見に恨みを抱いていた人物でした。

鴫野耕平(正名僕蔵)と妻の潤子(大高洋子)は、病気の娘の治療費のために強盗に入ったのですが、伏見に逮捕されてしまっていました。

そして、その後 娘は亡くなってしまい、鴫野夫婦は伏見に恨みを持っていたのです。

湊川由美子(シシド・カフカ)らは、伏見のヒントから、伏見を拉致した男の身柄を確保するも、伏見の居所はわからずじまいでした。

(なにしろ、鴨野夫妻は伏見が死んだのを見届けた後に死ぬ覚悟で犯行に及んでいたのです)

伏見はテレビカメラを通じてヒントを送る

伏見は自分の推理をカメラに話しKSBCに伝えようとします。

↓こんな感じでカメラが設置されていました。

音の反響の様子から地下ではないかと話します。

そして、鴫野夫妻に『先生と呼ばれる人物を知らないか』と話しかけます。

逆上した鴫野夫妻は伏見に水をかけます。

凍死の危険が伏見に迫ります。

伏見は地力で脱出を図る!

鴫野夫妻は牛追い棒(牛を追うときに使う、牛用のスタンガンのようなもの)で、伏見を牽制します。

ですが、スキを見て伏見は配管に電気ショックを与えて爆発・火災を起こします。

↓火災が起きるとKSBCに伝わります!

火災通報を使って、KSBCに場所を知らせたのでした。

伏見は無事、救出されまして、鴫野夫妻は逮捕されました。

ドラマ『レッドアイズ』第7話のネタバレと感想のまとめ

この後、逮捕されていた蠣崎が病院から逃走します。

蠣崎は原因不明の腹痛で警察病院に収容されていたのでした。

殺人犯が野に放たれてしまいました。

この後、予告編だと、KSBCがジャックされると表示されました。

↓不気味な予告動画が流れました。

大変マズい状況になってきました!!!