ドラマ『監察医朝顔』第17話のネタバレと感想!里子の遺骨が発見されて…

朝顔の祖父の嶋田博之(柄本明)が危篤から脱して、何とか持ち直したようです。

東北大震災から10年が経過して、災害に対する、一時の思いも やや風化しかけているところかもしれません。

3.11が近づけば、特集が組まれたりもしますが、少し遠い昔の思いがするのもあります。

さて、朝顔一家には、かなり大きな変化があったようです。

さっそく、振り返ってみましょう!



ドラマ『監察医朝顔』第16話のネタバレと感想!

保育園に言っている桑原つぐみ(加藤柚凪)は、バレンタインデーに向けて、同じクラスの男の子に渡したいお菓子を作り始めます。

チョコクッキーを焼くつぐみを見て、桑原真也(風間俊介)は、「ませすぎで まだまだ早い!」と言い、万木平(時任三郎)はあきれるばかり。

震災から10年が経過していて…

震災から長く時がたって、震災後は月命日のたびに宮城県警と地元の消防団が捜索のために活動をしていたというニュースが流れていました。

そんなときに、思わぬ情報がもたらされます。

↓第17話の予告動画です!

青森で、朝顔の母である万木里子(石田ひかり)の遺骨の一部が発見されたというのです。

震災で津波に巻き込まれると、人は海の真っただ中を漂流し始めます。

その結果として、かなり遠くに流されることも少なくないようです。

万木家・桑原家のメンバーは、里の遺骨と対面することになったのでした。

生後8か月の女児の遺体の解剖依頼が入る

興雲大学法医学教室に、生後8カ月の女児の遺体の解剖依頼がありました。

母親である田崎直子(岡崎紗絵)の話によると、食事の支度をしていたら、その間に女児の意識がなくなっていたというのです。

急いで救急搬送されましたが、間に合わなかったという話でした。

朝顔たちは解剖の結果、死因は女児が気管にプラスチック製のおもちゃを詰まらせたことによる窒息死であると断定します。

野見山署強行班係の桑原忍(ともさかりえ)や、岡島浩司(斉藤陽一郎)は、虐待の可能性について、朝顔に尋ねます。

母親の直子は、財政的にも生活は楽ではなかったことが分かりますが、警察としては子供の死去の場合は虐待の可能性を考慮しないわけにはいかないと朝顔に説明します。

忍がそういうのも、直子の様子がどこか不自然であると感じていたのですね。

↓どこか不自然なところがある母親

 

朝顔や安岡光子(志田未来)の目にも直子が、娘の死を悲しんでいるようには見えにくかったのですね。

青森で、朝顔と平は里子の遺骨と対面

青森県警の呼びかけで、朝顔と平は青森に向かいます。

里子の指の骨が猟師の網にかかり、県警に報告されていたのです。

青森県警で朝顔と平は、里子の骨と対面します。

平は、里子の指の骨の入った骨壺を抱きしめて泣くのでした。

この後、朝顔と平は仙ノ浦に寄り、浩之に遺骨を見せます。

↓浩之氏もかなり衰弱されている感じ。

浩之は「青森…そんな遠くまで行っていたのか…」としみじみと語ります。

観察医朝顔は最終局面に近づいて…

神奈川の自宅に、朝顔と平は帰宅しました。

ここで、桑原とつぐみも里子の骨と対面します。

この時、朝顔は『二人目(の子供)が出来た』と家族に報告します。

同時刻、朝顔の祖父の浩之の心電図波形は平らになっていて、浩之は死亡したようでした。

ドラマ『監察医朝顔』第16話のネタバレと感想まとめ

ストーリーは、いよいよ大詰めの最終話に進みつつあります。

長く、ドラマの中心課題だった、里子の安否もようやく回収されました。

ですが、今度は浩之の死となり、次話は浩之の葬儀のシーンもあるようでした(予告編による)。

監察医朝顔、どんな風なラストになるのでしょうか?

↓最終話の予告編ですね!