ドラマ『鎌倉殿の13人』第13話のネタバレと感想!頼朝の浮気が発覚して大変なことに

源頼朝(大泉洋)の嫡男が生まれ、鎌倉は大いに盛り上がりました。

しかし、頼朝の浮気が発覚したため、北条政子(小池栄子)の怒りに触れて大騒動に発展します。

政治と違うところで騒動が起きてしまう当時の武士の世界。

さっそくふりかえってみましょう!



ドラマ『鎌倉殿の13人』第13話のネタバレと感想!

その事件に激怒した政子の父の北条時政(坂東彌十郎)は、地元の伊豆に帰ってしまいます。

頼朝の乳母の比企家は、かなり頼朝に近いところにいたのですが、時政が鎌倉を離れたことを比企能員(佐藤二朗)は好機ととらえていたのです。

↓比企家はのちに、北条家と権力闘争を繰り広げることに

比企能員は源義経(菅田将暉)に接近します。

そして、比企家の娘を引き合わせようとするのでした。

義時は八重のことを気遣っていた

北条義時(小栗旬)は、八重(新垣結衣)が初恋の人であり、自分の領地となった江間に八重を引き取り、八重のことを思い続けていました。

義時は、鎌倉と江間を往復する生活をしていたのです。

八重にひたすら誠意で接する義政。

↓八重は義時に、次第に心を開くようになっていく

その熱意に、八重の心も少しずつ動いていくのでした。

源平の間はどうなっていたかというと

そのころ、平家に敗北し再起を図る源行家(杉本哲太)は、頼朝を頼ろうとしますが、頼朝に追い払われてしまいます。

その後、行家は木曽義仲(青木崇高)を頼り、平家討伐を訴えます。

↓木曾義仲もなかなかカッコイイ役どころですね

頼朝は義仲に、平家と通じていない証拠に人質を出すように求めます。

義仲は、自身の息子を人質に出すのでした。

ドラマ『鎌倉殿の13人』第13話のネタバレと感想まとめ

源平合戦と言えば、双方入り乱れて大変な状況だったと思いこまされていたのですが、事実は少し違うようですね。

そして、女性の力も時代の背景には見逃せない状況だった気がします。

次話にも期待しましょう!