ドラマ『24JAPAN』第24話のネタバレと感想!ついにテロリストと直面化!

獅堂六花(木村多江)は何とか、CTUに保護されているものの、獅堂美有(桜田ひより)は逃亡することに成功しました。

しかし、ビクター林(竜雷太)らの深い策略が渦巻いています。

現馬は無事に危機を乗り切れるのでしょうか?



ドラマ『24JAPAN』第24話のネタバレと感想!

湾岸署のパトロールの警官により、美有は保護されてCTUに連絡が付きます。

ビクター林のスキをついて、逃げ出した美有は無事にCTUに向かうことになりました。

しかし、水石伊月チーフ(栗山千明)が実際は内通者なのですね。

また、どこからともなく朝倉麗(仲間由紀恵)は生存しているという、テレビ放映が流れてしまうのです。

(これは、麗の夫の朝倉遥平(筒井道隆)がリークしたようでした)

やむを得ず、麗は記者会見に出演せざるを得なくなるのでした。

水石が情報戦で暗躍する

水石はビクター林の指示を受けて、美有が水死体になって上がったと獅堂現馬に報告します。

水石のことを信じていた現馬は涙ぐみ、悲しみにくれます。

そして、現馬は指示された待ち合わせ場所に突入していくのです!

現馬は単身、ビクター林らが待ち受ける埠頭の場所に乗り込み、ビクター達を一人でせん滅します。

麗は緊急記者会見に臨む

混乱の中で、朝倉麗が死亡したという誤報が流れたと記者会見で話すのでした。

朝倉家内にも不穏の空気が流れているのでした。

総裁選が終わると、麗は遥平と決別する意思を見せます。

水石はデータ消去ののちにCTUから逃げようとする

データ室に忍び込んだ水石は警備員を殺害して、データを消去したのち逃亡を計ります。

そこへ、獅堂六花が通りかかり、水石に拘束されます。

データ室に六花を残し、爆弾を仕掛け水石は車でCTUを出ようとしますが、ちょうどCTUに到着した現馬に発見されます。

水石は現馬に拘束され、現馬は六花を探しに行きます。

サーバールームに残されていた時限装置を現馬は止めることが出来たのですが、六花はすでに殺害されていたのです。

そして時限装置は再始動を開始し、現馬は爆発に巻き込まれてしまいます。

ドラマ『24JAPAN』第24話のネタバレと感想のまとめ

爆風が収まったところで、現馬は気が付きます。

そして、六花の遺体に「家に帰ろう」と話しかけてエンディングとなります。

唐突な終わり方ですが、朝倉麗党首の総理選の慌ただしい1日は終わりました。

ちょっと残酷な終わり方ですが、なかなかハードな作品でした。